<< 到来 ボビン >>

没・個性

昨日の
ボビンに関連して
糸のお話。

布で何かを作るとき、
生地が決まったら
糸選び。

基本ですね。

黒・白・赤
なんてのは
判り易いのですが
微妙な色味は悩みます。

ハギレをお店で合わせて
よ~し
なんて思って
家で合わせてみたら

あれれ?

ってなことも。
(・_・;)


蛍光灯・室内の暗さ・太陽光 等
条件によって
見え方が変わったり
気分によって
納得いかなかったり。

(あるんですよ~! 私だけ?)


最近の生地は
染めの風合いも様々だし
発色の具合も色々だしで
糸の色のほうが
追いついていない感じ。

そりゃあ
追いつけないですよね

生地は流れもの
(もちろん定番もありますよ)
糸は固定
(工場でいっぱい、長い期間作る)

流通が違うので。

となると。。

選ぶ側のセンス?見立て?に
かかってくる訳です。

責任重大。
( ̄∀ ̄)


例えば
グレーなのかな?
ベージュなのかな?
という
悩ましい色の生地
(↑ 大好きなタイプ)


本当だったら
生地色・ズバリ!
を選びたいのですが
そんなに都合のよい色は無い。


そんな時
グレーの糸を合わせると
その生地はグレーに見えるのです。

その逆も然り。

目の錯覚だと思いますが
誘導されてしまうみたいです。

例えば
これに
ファスナーや釦等を合わせる場合
グレーの資材を合わせると
もう
グレーの子の出来上がり!


面白さでもあり
難しさでもありますね~


中には
この生地
ベージュにしか見えないのに
グレーの糸使ってる・・

変だなぁ。。
気持ち悪いなぁ。。


思う人もいると思いますが
それがまさに

趣味が合わない!

という感覚になるのでなないでしょうか?


アーティスト
と呼ばれるような作品は
個性的なことが
大事なので
違和感 万歳!
な気がしますが

実用品
を作っている私としては
いかに
さりげなく
そこにあるか

目指していきたい・・・
と思っている次第です。


演説みたいになっちゃいました
(゜∇゜;)


さぁ
今日は、
糸を買って
おうちに帰ろう
(⌒〜⌒)


皆様
楽しい週末を!
[PR]
by nuuner | 2014-05-30 12:10 | 雑考 | Comments(0)
<< 到来 ボビン >>